心燃やして

すきなものだけ食べたい

主人公はいつだって

生駒ちゃんが乃木坂46を卒業する。

デビュー曲のセンターに抜擢されて、そこから5枚目のシングルまでセンターを務めた生駒ちゃん。初期の乃木坂の象徴は間違いなく生駒ちゃんだったし、今でも乃木坂の顔は生駒ちゃんだと思う。

正直、初期の頃は生駒ちゃんのこと好きになれなかった。わたしはまいやん推しだったので、まいやんがどうして後ろのポジションなんだよって思ってた。秋元康のお気に入りはいいなとすら思ったしプリンシパル*1でも中位ばっかりだった生駒ちゃんがセンターに立っていることに納得がいかない時期はあった。

f:id:nemumy:20180422204636j:plain

幼い生生星の後ろにお姉さんな御三家が控えてるのがいいんだなって制服のマネキンで気付いてからはそんな思いもなくなったんだけど生駒ちゃんは6枚目でセンターじゃなくなってしまった。念願のまいやんセンターに沸いたけれど、生駒ちゃんはもうセンターに立つことはないんだろうかって考えたこともあった。

だけど太陽ノックで再び生駒ちゃんがセンターに立ったとき「主人公ってこの子のことをいうんだな…」と感じたのを覚えてる。
ほかのメンバーがセンターに似合わないっていうわけじゃなく、華やかさがどうとか、人気がどうとか、それも大事なのはわかるけどそういうことではなくて、乃木坂46という物語に合う主人公は生駒ちゃんなんだって今更ながら気付いた。

推しとか好きとか取っ払って乃木坂を見たときに、主人公に見えるのは生駒ちゃんだった。
生駒ちゃんが乃木坂じゃないところでアイドルをしていたらそうだったかはわからない。でも乃木坂にいる生駒ちゃんはそう見えた。物語を牽引して、話を重ねるごとに成長して戦っていく主人公。

FNSで披露された生駒ちゃんセンターのサイレントマジョリティーは確かにすごく良かったけど、あれを見て改めて生駒ちゃんは乃木坂の主人公なんだなぁと実感した。生駒ちゃんには君の名は希望が似合う。生駒ちゃんの名前は希望だってわたしはようやく知ったんだなぁ~。

f:id:nemumy:20180422191223j:plain

シャキイズムのMVがまんま理想の生生星なんだけど、主人公生駒、好敵手生田、ヒロイン星野っていうのがすごい漫画的なのにぴったりで、年齢的なものも相まっていいフロントだったんだな。
もう一度、今の気持ちで生生星が並んだシングルが見たかった。違う見方が出来るし、違う見せ方があったはず…。
制服のマネキンは永遠。もう見られないのなら封印してほしいレベルで誰がこの曲のセンターに立てるんだろう…CDTVの大人マネキンもすきだけど(まいやんセンターだし)あれはフロントが御三家だから成り立ってたわけで、ななみんがいない今それも叶わない…。

ちなみな話、御三家はいちご100%みたいな、3人ともヒロインって感じ。Threefold Choice最高だった。5th year Birthday liveの一日目に収録されてるのでぜひお買い求めてほしい。ななみん卒業コンサートでもあるのでぜひ。美しい白橋が見れる。

f:id:nemumy:20180422192311j:plain

シンクロニシティのMVの生駒ちゃん、すっごく綺麗だった。生駒ちゃんはずっと綺麗だった。造形の話とはまた違って、もう生まれ持ったものというか備わっていたものというか…。山に沸く水みたいというか、自然界の美しさに似てる。
混じりけのない白がすごく似合ってて、でもいろんな色をまとっても綺麗なんだろうなと思った。真っ白だった生駒ちゃんはいろんな色をまとって乃木坂を去っていくんだろう…ポエム失敗。

f:id:nemumy:20180422193210p:plain

状況は全く違うけど、僕がいる場所の歌詞がいまの心境と似ててずっと聞いてる。曲は最高なのに歌詞気持ち悪…と思ってたのに…ずっと聞いてしまってる…でもやっぱり2番以降気持ち悪い。笑う。
「君はきっと泣くだろう、僕がいない現実に」のとおり、生駒ちゃんがいない乃木坂を見たとききっと泣くだろうし、「誰も去る日がくる、だけど愛だけはずっと残る」のように生駒ちゃんが残すであろう乃木坂への愛はずっとあってほしい…。
もう乃木坂の生駒ちゃんはいなくなってしまうので、「ずっとそばにいたいけど 別れはやって来る」の言葉で納得させるしかない。
第一生駒ちゃん自身が決めたことをオタクがグチグチ言ってもしょうがないよねー!!でも寂しいもんは寂しいしサヨナラには強くなれない…サヨナラに強くなれってなんだよ??なれるわけないじゃん??いまだにななみんのこと思い出しては失いたくない…って本当の気持ち吐き出してるオタクが生駒ちゃんのサヨナラに対しても強くなれるかっつーの!!!!

まあずっと立ち位置に嫉妬していたオタクが何言ってんだって話だし、こうやって言えるようになったのは乃木坂がセンター固定をやめたからっていうのもあるので…でも生駒ちゃんのセンターがあってこその今の乃木坂なんだっていうのは忘れてはない。センターの重圧ってものすごいのに、それを秋田から出てきた女の子に背負わせて矢面に立たされるみたいになって(まんまとその策略にはまったのはわたし)それから解き放たれたとき、本当に軽くなったろうなぁ。だから太陽ノックの生駒ちゃんがすきなのかもしれない。いろんなものを経てのセンター、かっこよかった。

生駒ちゃんがいなくなって、連載漫画がひとつ終了するような、そんな寂しさがある。乃木坂に主役はたくさんいるけど、主人公は生駒ちゃんしかいないんじゃないかって…そんなことは決してないんだけどさ…。

f:id:nemumy:20180422201549j:plain

この写真、「これが乃木坂」って感じですごくすきなんだけど、両端がいなくなってしまったんだなって見るたび寂しくなる写真になってしまった…。
Againstの歌詞がビシビシ刺さって痛くて特にサビが「僕らは変わらなきゃいけない」で始まるのがもうつらい…そうなんだけど、受け入れるのには時間がいる。1期生も見て過ごした時間が長すぎた。

それでも生駒ちゃんの進む道が穏やかでありますようにと願う。いろんな番組で生駒里奈を見るのは楽しみでもあるんだー。
(いつも以上に支離滅裂になってしまった。寂しさがそうさせるのかそうじゃないのか…わたしの教養の問題)

 

生駒ちゃん、卒業おめでとう。幸あれ。

f:id:nemumy:20180422202410p:plain

 

 

*1:16人のプリンシパル。2幕の配役を観客の投票で決めていた舞台